ー被疑者はなぜ、マスコミの衆目に晒されたかー

暴排条例の全国施行を期にして、いわゆる愚連隊といわれる連中の犯罪が大きく取り沙汰されるようになった。条例で身動きの出とれない暴力団に取って代わって、街を支配しようという目論見なのだろうか。トラブル相手をメッタ刺しにする、耳を削ぐ、ガラスを頭に突き刺すなど、目をおおいたくなるような彼らの犯罪が、今後も増えていくのだろうかと考えると背筋の寒くなる思いである。


昔から「毒をもって毒を制す」という言葉があるが、これらの愚連隊を、犯罪・暴力集団といわれる暴力団ではなく、任侠の世界にたちかえった「やくざ」が登場して押さえつけるのを待望するとは、不謹慎な謂いだろうか。


いま、暴排条例に関わる摘発が続いている。その多くは、銀行口座を開設したことが詐欺として摘発される事例である。なぜ口座を開設することが詐欺になるのか。この問題は本紙でも何度もふれているが、現在、銀行では口座開設の書面において、自らは「反社会的勢力」ではない、というところに署名をさせるシステムになっている。暴力団の構成員がこれに署名をすることは、身分を偽る詐欺行為であるというのが、摘発の理由になるのだ。そのサインをした人物が、暴力団組員であるか否か、それは警察の協力なしにはわかり得ないことである。銀行もまた警察の介入を拒むことは、営業に支障をきたすことになるのであろう。ここで既成事実としての警察の天下り先が確保されていくのである。


今回、その警察が行ったパフォーマンスの一端を紹介したい。ある保険金詐欺の事例である。


あらかじめ申すまでもないが、保険金詐欺は重大な犯罪行為であり、決して許されるものではない。正当に取り調べが行われ、裁判の手続きを経て、処罰されることを本心から望むものである。しかし、今回警察庁によって行われたパフォーマンスは、明らかに度を超している。


交通事故を装おい、保険金を詐取したとしてある会社役員が逮捕された。それは複数回におよび、保険金の額も決して微々たるものではない。逮捕~勾留~再逮捕~勾留が続いた。勿論、共犯者が存在する以上、接見禁止の措置もやむを得ない。被疑者は、容疑をすべて認め、警察の調書作成にも協力していた。また、反省を明らかにし、仕事に復帰をしてその給与から、詐取したものを弁済する旨を裁判所に届けて、保釈もされていた。ここまでは、手続き上なんら問題はないだろう。


しかし、保釈から数日経ったある日突然、被疑者はまた手錠をかけられることになった。それまで、逃亡していたとされる共犯者が出頭したというだけの理由である。


この件について被疑者は、余罪調書が作成され、詐取した金額も被害者に弁済が済んでいたが警察は、再逮捕の方針を固め、「共犯者が出頭したので、明朝出頭するように」との申し入れをしてきた。被疑者も、これに同意して翌日の出頭を了承した。


ところが当日、警察から「マスコミが警察署に大勢来ている。顔を撮られては可哀想だから迎えに行く」との連絡が入る。そのため被疑者は、自宅で待機し、迎えにきた警察官によって、車の中で逮捕状を執行され手錠をかけられることとなった。ここまでは、警察の良心的な措置と考えられたのだが…。


しかし、被疑者を乗せた車は、そのまま警察署前で待ち受けるマスコミの前に止められ、当然の如く手錠姿のママ車から降ろされることになったのである。


マスコミは一斉に「事件には暴力団も加わっている詐欺事件だ」と報じた。


かくして、世論を操作しながら暴排に躍起になる警察は、その目論見を存分に果たしたのである。あらかじめ、報道陣の前に自分たちの手柄を誇示するシナリオが書かれていたことは想像に難くない。


保釈中の被疑者を、調べが済んでいる余罪で逮捕し、衆人に晒す目的はなんだったのであろうか。翌日、検察庁は弁護人の「異議申立て」に屈しすぐさま被疑者を釈放した。


その後、被疑者の勤める会社にはニュースを見たとされる取引先から、「暴排条例のこともあるので、今後は取引をやめる」という連絡が数件入った。これもまた、警察のパフォーマンスと圧力の成果であろう。


この警察管内では、警察官がSMクラブで素っ裸になってパフォーマンスをして、ハレンチな罪で逮捕されたりもしているが、どれだけパフォーマンスがお好きなのか…。


条例の問題点として上げられる人権侵害は、警察の恣意的なパフォーマンスによって正当化されるのだ。


この策動は、いつあなたに襲いかかるかわからない!【横山孝平】