Img_74ca7eb6029c2b969e220ac551efe93f
Img_c560d7f77ffed46cd10e0d13c19c9dd8
Img_25e77e8d11312cb47ea6ece5788d689c
Img_5f0eb6988287c76ed8039a8e92968de5
Img_b2f79ab3fd8c5687669cea34893a456b
Img_b149cb3b824ece16b82d5861a78be4a6
Img_6353f042a9470d0714f74cb84eda42b7
Img_bbc04f8f7836d3cebfad0ce14846b610
Img_f0141a634646a134be4c81124941d2cc
Img_769790ab4784ebb721da06e2f46003e2
youTubeチャンネルに4月21日・東京演説会の模様をアップしました (Click!) 
本日、5月3日は日本国憲法が施行されて71年目にあたります。
毎年の事ですが、愛知県においても「護憲集会」なるものを開催されています。
「社会の不条理を糾す会」では、車両による街頭宣伝を敢えて行わず、ハンドマイクのみで、集会場周辺で演説をさせていただきました。
この日の開催にあたり、どうしても言わねばならない事があるとすれば、安倍政権に対しマスコミはおろか、政.官.財を含む憲法改正阻止を狙った倒閣キャンペーンこそが真の目的であると言わねばなりません。
もちろん、自民党内にも、これに改正反対に加担する者もいる事も事実であります。
こうした中にあって、衆参両院の発議で三分の二以上、国民投票に於いては、二分の一以上の賛成を得られないと改正には至らないハードルがあり、実に困難な事であるのです。
しかし、現行憲法下での我が国の安全保障上、自衛の位置付けが抜けている憲法こそ欠陥と言わねばならず、刻々と変化する世界情勢、とりわけ北東アジアの緊張状態や北朝鮮による拉致問題等を鑑みれば、改正憲法は喫緊の課題であります。
日本国民の意識が変われば、自ずと政界も重い腰を上げざるを得なくなるのです。
その後押しとして、微力ではありますが、我々の運動にも意味があるもとの信じている次第であります。
Img_9d71762a07590d2b08d37e1390d0d761
Img_cac317c07bd13ec8dd55e9578ced0a30
Img_8be88002dc9e699a10606a6f733d0f46
Img_396dec88c40f9855a63345f6c75b04a4
Img_b96bec01426c62a11ad1dcebca0694ee
Img_82c816174895f901459008bb26db938a
Img_1466bcaf609f8632f40d7aaadd86e57c
Img_f282a36e8093ac29babab2ede2b8f099
Img_32e3efb1b45f81510252c96cabc25f9e
Img_672bb51c85e06db3b0aaaf54422ca8fd
Img_ac6dddf89c8f98062fcedc4f64267d4e
Img_a4d16e224b6748a64f785d98a59f2cb7
Img_d79a5b5c5b9b04882dce099b0a43c580
Img_8ea33165008053bc41b38540cbc49232