Img_a796cca83c260a60e65754fe4da34cf8
Img_374590d438563665e02d56fb2f2614c3
Img_0f9b37442d7f052fa14f78442b3505c3
Img_cd88fd31ba741bd12f66e6758d9e530c
Img_5c02b7c331a7d970463d453e3a36f40c
Img_ed6978160435f6ce7df1c0c64a919ff7
「社会の不条理を糾す会 名古屋」は、名古屋駅前にある名鉄グランドホテル正面玄関前にて街頭演説会を行いました。
約2時間程、通行する人々に「社会の不条理」の問題提起として熱弁を奮った弁士は、木村・浦木・岩山・柏木・山田の5名。
中でも興味深かったのが、浦木・柏木両名の原発問題に付いて事細かく説明されており、我が陣営にも反原発・原発推進と意見が二分し、難しい問題でもあるが、よく勉強をされていると思いました。
 本日の演説会では、チラシを弁士の前に置きましたが、以外と多くの方々が持ち帰っています。ある若い女性はチラシに書いてある「プレスコード」とは何かという質問をされていたので、詳しく説明をし、納得はしてくれましたが、多くの国民は、米国によって意図的にねじ曲げられた「戦後日本」の正体を未だ理解させられていない現実を実感しました。
【問題提起】の頁に既出論文ですが6本掲載しました。